亜鉛サプリの人気全比較!効果効能や成分量は!?良い食品~髪・副作用まで

アトピー性皮膚炎の患者が増加

アトピー 亜鉛 処方
かつてアトピー性皮膚炎はアレルゲンを極力避けたり、ステロイド剤を使うことで成長と共に治る病気だとされていました。しかし最近は治らない人や、大人になってからアトピーになる人が増えてきているのです。そのせいでステロイド剤の長期使用の弊害が指摘されるようになりました。

 

アトピー性皮膚炎と亜鉛の効果

アトピーは日本人に多いと言われています。これは亜鉛不足も理由の1つとして考えられます。亜鉛不足の理由に日本の土壌がミネラル不足であること、どんどん食生活が変わってきていることなどが挙げられます。
亜鉛が不足することで新陳代謝が悪くなる、消化不良から食物アレルギーになる、アトピーを抑えるホルモンが作られなくなる、活性酸素が働くといったことを招き、アトピー悪化に繋がっていると考えられています。
食物アレルギーになる原因としては、亜鉛不足によりたんぱく質を消化する力が落ちます。そして充分に消化されないまま腸から吸収され、血液に入っていきます。この未分解のタンパク質を免疫機能は異物だと捉え、抗原抗体反応(アレルギー)が起きてしまいます。

 

亜鉛のアトピーへの効果

免疫機能を正常にする

アトピー性皮膚炎の免疫異常の一部を正常にしてくれる効果が期待されています。

 

皮膚の細菌を抑える

アトピー性皮膚炎の患者さんにの皮膚の表にいる黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えます。

 

皮膚の代謝を良くする

亜鉛によって皮膚の新陳代謝が良くなり、肌荒れの予防・改善効果があります。

 

活性酸素を除去する

身体に炎症が起きることで活性酸素が発生し、更に炎症が悪化しています。そんな活性酸素を除去する効果があります。

 

亜鉛はキズ薬としての効果も

亜鉛は昔からキズ薬としても使われていました。人間はキズが出来ると新しい細胞が再生され、壊れた部分を治す機能が備わっています。亜鉛は細胞分裂をサポートする作用があるので、亜鉛を患部に直接塗ることで治りが早くなるのです。そしてキズだけでなく火傷や胃潰瘍にも効果があります。

 

皮膚科でも行われている亜鉛療法

亜鉛がアトピーに効果があることから、皮膚科でも亜鉛療法を行っているところがあります。効果も多くの人に出ているようです。中には6ヶ月でキレイに治った人もいるのだとか。他にも8年間外出できなかった人が少しづつ外出できるようになったケースや、1ヶ月でステロイドをやめられたケースも報告されています。
そしてアトピーで悩む人は、健康な人よりも多く亜鉛を摂る必要があります。アトピーの患者さんの中にはよく食べる人や、そのわりに痩せている人が多いのですが、これも亜鉛不足によるものではないかと考えられています。
亜鉛療法についてはこちらを参考にしてみてくださいね。

 

日本皮膚科学会編「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」
軽微:ステロイドを含まない外用剤(ワセリン、尿素軟膏、ヘパリン類似物質含有軟膏、亜鉛華軟膏、親水軟膏など)を選択する。
東邦大学医療センター大橋病院皮膚科
特に重症かつ慢性化している部分には、亜鉛華軟膏やアズノール軟膏をステロイド外用薬の塗った上に重ねています。

 

まずは亜鉛摂取から始めてみませんか?

治る期間や効果の程度には個人差がありますが、亜鉛を摂ることでまず身体が元気になったり、アトピーのせいでストレスや不眠に陥っていたことも解消されていくようです。亜鉛の摂取を始めてみるのもいいかもしれません。その効果に驚く人もいるようですよ。(※医師の診断仰ぎその指示に従いましょう)

海宝の力

 

亜鉛サプリ 海宝の力

亜鉛サプリ 海宝の力2

瀬戸内海の牡蠣を使用した、超大人気亜鉛サプリメント。 良質な亜鉛をとりたいなら、絶対におすすめです!しかもワンコイン500円キャンペーン実施中! 3粒に200個分のオルニチン配合! 亜鉛の吸収率をサポートする、魚肉ペプチド配合! ビタミン・ミネラルを豊富に摂取することができます。

海宝の力の公式HPへ